丸暗記

丸暗記はあまり意味がない?

丸暗記と言う方法は、学生時代のテストなどでは効果を発揮する暗記方法ですが、難易度の高い試験や勉強では、あまり意味をなさないと言われています。

学生時代のテストや小試験などでは、教科書がそのまま試験問題として引用されることもあるため、丸暗記が役に立つ場面も見られます。しかし、試験の難度が上がると応用力が必要になるため、丸暗記では対応しきれなくなってきます。

丸暗記と言う暗記方法は、書いてあることをそのまま頭に入れる方法ですから、決して楽な作業ではありません。しかしこの方法は労力を費やす割にはすぐに忘れてしまい、応用力もないために、実践では役に立たない暗記方法だと言えるでしょう。

暗記方法として効率的なのは、淡々と覚えるだけではなく、体を使って覚える方法です。特に五感を使いながら覚えたことはより覚えやすく忘れにくいと言われていますから、使える五感を利用しながら暗記する方法がお勧めです。

たとえば、覚えたい事柄を声に出して読んだり、ノートに書きながら覚える方法は、五感を刺激しながら暗記することから、より脳に記憶が定着しやすい方法だと言えるでしょう。

また覚えた記憶は睡眠中に脳に刻み込まれる仕組みとなっていますうから、暗記作業を行うのは就寝前がお勧めです。暗記作業を行った後で他のことを色々すると暗記した事柄が薄れてしまいますから、できれば就寝直前に覚えるといいでしょう。

最も有効なのは、就寝前に暗記した事柄を翌朝復習する方法ですから、暗記が苦手だと言う人は1度試してみてください。